[ExcelVBA]ファンクションキー(F1など)を割り当てマクロを実行する方法

今回はExcelのワークシートで
ファンクションキーを押すとマクロを実行する方法をメモします。

スポンサードリンク

ファンクションキー(F1~F12)でマクロ実行する方法

大きく分けて、以下3ステップです。

ThisWorkbook をダブルクリックし、以下のような感じのコードをかく

Private Sub Workbook_Open()
  ’F1キーを押すと「処理」実行
  Application.OnKey “{F1}”, “処理”
End Sub

Module に以下のように処理したいコードをかく

Sub 処理()
  MsgBox “こんにちは”
End Sub

以上のコードを記述し、一度excelを保存し、終了、再度開きなおす。

Wookbook_Openはワークブックが開いた時以降の処理のため、一度開きなおします。
ここまでを行う事で、Excelのワークシート内でF1キーを押すと、「こんにちは」とメッセージが出るようになります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

//更新日優先 公開日: