【PS4】外付けSSDとケース買ってみた(Samsung SSD 500GB 860EVOとSalcar SSDケース)

普通PS4(Proじゃない方)に外付けSSD接続するとロード時間が大幅に短縮できると聞いたので、今回はPS4用に外付けSSDを導入してみました。

スポンサーリンク

Samsung SSD 500GB 860EVO と Salcar SSDケース

Amazonで買いました。二つ合わせて1万ほど。
さっそく開封してみました。

まずはSSD


当初はほかのメーカーのSSDを買う予定でしたが、Amazonの人気のやつは4日待ちとかだったので
Samsung SSD 500GB 860EVO という機種を選びました。
約8800円ほど。まずはPS4に接続しますが、後にPC用に変更することも検討してます。

SSDケース


SSDケースは1100円ほどです。
USB3.0接続、PS4ユーザにも人気のようです。

そしてSSDとケース接続してみた

ケースに挿入しました。当然ながらきっちり入ります。
ケーブルも接続し、PS4と接続します。

PS4に接続してからの設定流れ


まずUSBケーブルをつなげます。
USB端子は前面パネルしかないので、前面に接続します。
ちなみにUSBは通さない方がよいそうようです。

まずは設定画面から。

流れとしては、まずはPS4で扱える形式にフォーマット→内蔵ハードディスクからアプリを選択し拡張SSDへコピーする。 といった感じです。

全部コピーする必要はありません、プレイするゲームのみ放り込めばOKです。
また仕様上「セーブデータ」は外付けにはコピーできないようです。

比較動画

ドラクエ11のルーラで比較してみました。

【PS4】外付けSSDとHDD比較ドラクエ11ルーラ

横並びで比較するとやはり少しSSDが速いということがわかりますね。

まとめ

速くなり快適になったかと思います。プレイするゲームによってはもっと体感できるレベルデータわかるみたいですね。

私の場合はPS4でいろんなゲームをするスタイルではないので500GBも必要ありません。1年ほど前に買ったPCのSSDが250GBなので、PCにこのSSDを入れて、PCの250GBをPS4につけてもいいのかなと考えています。またその時はSSD同士の差があるか、ドラクエでルーラして比較してみようかなぁと思います。

コメント