wp-config.phpのパーミッション変更できない場合の対処法

wordpress

WordPressのファイルの1つ「wp-config.php

パーミッション変更方法が簡単に変更できないケースがあったため、

今回はメモを残そうと思います。

スポンサードリンク

wp-config.phpってどんなファイル?

presentation_pc_woman

このファイルには、初期設定で入力したMYSQLの情報が入っております。

他者に読み取られないようセキュリティを高めるべきだと思われます。

そのためパーミッションでのセキュリティ対応をしたほうがよいでしょう。

ただ導入直後の初期設定のままだと、666等になっていることもあり、

しかもFTPで変更しようとしても反映されないケースがありました。

(レンタルサーバーからワードプレスをインストールした場合は、このケースがある模様)

以下方法で、こういった状況であっても、パーミッション変更が可能です!

wp-config.phpのパーミッション変更手順

zei_etax

①まずFTPソフトで「wp-config.php」をローカルにダウンロードする。

②サーバ側の「wp-config.php」を削除する。(怖かったら一旦リネームでも)

③ローカルでダウンロードした「wp-config.php」を同じ場所にアップロードする

④これで「wp-config.php」のパーミッションが変更できるようになっています。

ちなみに、パーミッションは「404」や「444」がオススメとされることが多いようです。

以上です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

//更新日優先 公開日:2016年2月2日