Windows10PCにMacOSXを動作させる方法(VMware)

mac-vm0

スポンサードリンク

必要なもの

Windowsパソコン(Intel限定?)

VMware Player 6.06
unlock-all-v130.zip
Mac OS X 10.6 Snow Leopard

VMware Player 6.06

WindowsPCに仮想OSをインストールするためのアプリケーションです。

今回は「VMware Player6.06」で試しました。
古いバージョンです。ワークステーションではない方の「Player」の最新バージョンは6.07のようですが、6.06でないとうまくいきませんでした。

ダウンロードURL
https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/6_0|PLAYER-606|product_downloads

unlock-all-v130.zip

「VMware Player」でMacとして認識させるためのツールです。
入手先は英語サイトのフォーラムに登録してダウンロードする形式ですが、
たぶんファイル名でググればダウンロードできると思います。

Mac OS X 10.6 Snow Leopard

snowleopard

こちらはソフト購入しました。
amazonでも売っていますが、Appleストアのネット通販で買った方が安いです。(現在は2200円でした)

インストール手順

1.「VMware Player6.06」をインストールする

ダウンロードし、そのまま次へ次へでインストールする。

2.unlock-allを実行

unlock-all-v130.zipを解凍し、解凍後のファイルのwindowsフォルダ内にあるinstall.cmdを右クリック⇒「管理者として実行」する。

3.VMware Playerを起動してインストール

「新規仮想マシンの作成」⇒CDドライブにMAC OSXのインストールディスク

vm-mac2
ボリュームラベルが「Boot Camp」と出ますが問題ありません。

※OSはドライブからインストールすると読み込み時間がかかるので、
事前にISO化しておくとインストールが速くなるかも。

4.「Apple Mac OS X」を選び、バージョンも選択。

vm-mac3

※Apple MAC OS X」がでない場合は、「2.」のアンロックツールがうまくいってません。

5.以下、適切な選択しインストール

vm-mac4

vm-mac5

vm-mac6

vm-mac7

※ここでインストールディスクが表示されない。仮想HDDをフォーマットする操作が必要です。上の「ユーティリティ」を選択する。

vm-mac8

ここで「消去」を選択するとパーティション作成となる。

vm-mac9

vm-mac10

ここまで行けばインストール完了。

mac-vm0

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

//更新日優先 公開日:2016年9月19日