Windows10 Creators Updateをすぐに実行する方法

windows10の最新バージョンとなる

「Windows 10 Creators Update」

が4月上旬から公開されていました。

いずれwindowsアップデートで自動更新されるようになると思われますが、
今すぐ手動で更新して使用する場合は、以下の手順で実行が可能です。

スポンサードリンク

Windows 10 Creators Updateをすぐに手動更新する方法

1.スタート → 設定 → 更新とセキュリティ

 

2.「はい、方法を確認する」をクリック

3.MSサイトの「更新アシスタント」をクリックしプログラムをダウンロードして実行する

4.ウィザードが起動し、次へ次へと進めていきます。

5.(約20分後)その後再起動の要求画面が表示され「今すぐ再起動」をクリックします

6.その後、自動的にアップデートインストールの実行がされながら再起動が繰り返されます。

7.これで完了です。

バージョンアップ後の確認など

スタート → 設定 → システム → バージョン情報で 1703 になっていればOK

 この1703という数字は 2017年03月 のバージョンを意味します。

「夜間モード」(ブルーライトカット)機能などが追加した

この更新によりさまざまな機能や仕様が変更されています。

個人的に一番きになったのがディスプレイ設定に「夜間モード」というブルーライトカットな機能などが追加されたことです。

最近iPhoneやmacosでもこの機能が追加されて、ついにwindows10にも実装されたみたいです。

ブルーライトが気になる方は、夜間に限らず常時オンにしておくことも可能なので、ぜひ活用してみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

//更新日優先 公開日: