文字数カウント方法まとめ(Word、Excel、WordPress)

keyboard_typing

さまざまな状況で文字数をカウントしたい事がよくあると思います。

今回はいろんな目的やケースによる、

文字数カウント方法をまとめてみました!

スポンサードリンク

Word(ワード)で文字をカウントする

入力した文字数を数えたいという目的の場合は、

ワードが入っているPCであれば、

この方法が1番はやく、わかりやすい方法と思われます。

確認方法

①Wordを起動し、文章を貼り付けする。

②左下に「文字数」が表示されます。

word-moji

もしこの表示がない場合は、

左下辺りを右クリックし、「文字カウント」にチェックを入れてみてください。

Excel(エクセル)で文字をカウントする

文字を打ちながら、カウントしたい場合に良い方法と思われます。

普段Excelをさわられている方なら、特にオススメです。

こちらは数式関数を使います。

LEN関数

lenlenb

上記画像のままですが、カウントしたい文字を

どこかに入力している状態で、カウント数字を別セルに

=LEN(参照セル)

としたらOKです。

LENB関数

またバイト単位で確認したい場合(半角=1、全角=2)は

=LENB(参照セル)

とします。

WordPressで投稿記事の文字数を確認する

SEO的な話しになりますが、ブログの記事は、

「1記事1000文字以上あった方が良い」と言われているので、

ブロガーさんは、こちらも意識が必要でしょう。

確認方法

wp-mojisu

上記画像通り、

投稿時の画面の左下辺りをみると、文字数が表示されています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

//更新日優先 公開日:2016年2月6日