【Mac版Google日本語入力】F9やF10をIMEみたいに大文字にする方法

google-ime2

MacにGoogle日本語入力をインストール後は、
Windowsとほぼ同じ感覚で入力しやすくなりました。

・・・ですがあと一歩。
タイトル通りですが、英語の大文字の入力をするときに、

Windowsの場合、とりあえずひらがなで打ち込んで、F9やF10で英語を大文字にする。
ということができましたが、Macのgoogle日本語入力でもコレができない!?

いろいろ触っているうちに以下の方法で、
F9F10の変換ができるようになりました!

スポンサードリンク

F9F10で英語を大文字にする操作手順

2016/12/11 もっといい方法があったので記事内容を変更しました!

Google日本語入力をWindowsのMSIME風に設定変更する方法となります。

1.右上の時計の横辺りにある「Google日本語入力」のアイコンをクリック→「環境設定」を選択する。

2.「一般」の下の方の項目「キー設定の選択」がデフォルトは「ことえり」になっているので「MS-IME」に変更し、「OK」ボタンを押す。

以上。この設定で文字入力をするとF9やF10の二度押しで大文字切り替えが可能となり、

Windowsと同じ感覚で文字入力ができるようになります。

【旧記事】環境設定を変更せずに一時的に英語を大文字にする手順

文字確定前にTABキーを押してから、F9やF10を押すという方法です。

例えば まc → Mac にする場合

f9f10-1

↓↓↓ TABキーを押す

f9f10-2

↓↓↓ F10 を 2度押し

f9f10-3
Windowsのように打てました!

tabキーを押せばいいんです!

英字の場合は1度押しですべて大文字。
2度押しで前の文字が大文字となります。
また今回の例は半角英数なのでF10でしたが、
F9なら全角英数で同じことができます。

まぁいちいちタブキーを押す手間はありますが、
Windowsでの入力方法が体に染み付いてしまっている方なら、この方法が、入力しやすいのではないでしょうか。
(他にも方法あったりするのかなぁ)

今回は以上です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

//更新日優先 公開日:2016年11月6日