【macOSとiOS】iCloudカレンダーに招待通知をさせない対策方法

calender_kabekake

2016年11月初めごろから、iCloudカレンダーSPAMが流行しているようです。

以前は通知せずに削除する方法は以前ご紹介しましたが、通知の頻度は日に日に増えていき、通知がうっとしいし、削除も手間がかかる!この通知を来ないようにしたい!

今回はカレンダーアプリに通知を来なくする設定方法をご紹介します。

スポンサードリンク

iCloudカレンダーに通知をさせない対策方法

calendar-taisaku1

WEBでiCloudにログインをしたら、通知に関する設定が変更できるという方法です。

以下手順です。

1.iCloud.com へアクセスし、iCloudアカウントでログインする。

こちら もしくは Googleなどで検索してください。

calendar-taisaku2

2.「カレンダー」をクリックする

calendar-taisaku3

3.左下のギアアイコンをクリックし、環境設定を選択する。

calendar-taisaku4

4.詳細設定をクリックし、下の方にある「参加依頼」方法を変更する。
「App内で通知」→「xxx@icloud.comへメールを送信」

変更後「保存」も忘れずに。

calendar-taisaku5

5.以上でカレンダーアプリに通知されることはなくなる。

ただしiCloudのメールが来るようになります。

ただメールなら無視をしておけばokなので、カレンダーアプリに通知を受け取ったり削除する作業の手間を考えたら、こっちの設定に変更する方がおすすめです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

//更新日優先 公開日: