今年のトレンドワード候補「琴バウアー」は流行る?

sumo1

大相撲三月場所が現在、はじまっています。

難波にある会場になんとなく通りがかって、写真をパシャリ。

スポンサードリンク

最近の力士

sumo_gyouji

相撲は、若貴時代以降は、朝青竜、白鳳ぐらいしかよく知りませんでしたが、

最近、日本人力士が10年ぶりに優勝したとのことで、一人覚えました。

琴奨菊

osumousan_kesyou_mawashi

前回の優勝力士、琴奨菊。

日本人力士としては、10年ぶりの優勝という快挙を成し遂げました。

2002年デビューで現在32歳。

意外とベテラン力士だったりします。

琴バウアー

man_okori

そしてなによりも覚えた理由は、琴バウアーのおかげです。

『琴バウアー』とは琴奨菊が、取り組み前に行うルーティンワークで、反り返るポーズが特徴的で話題に上がるようになりました。

そして昔スケートの荒川静香さんのイナバウアーに似てることから、

コトバウアーと呼ばれるようになりました。

最近まで「菊バウアー」という名称とどっちがいいか、という議論?が一部あったそうですが、結局「琴バウアー」という呼び名で落ち着いたみたいです。

今年の流行語・トレンド候補?

おそらく琴奨菊が今年活躍することで、去年の五郎丸みたいに、

今年のトレンドワードとして琴バウアーが流行るんじゃないかなっと注目しています。

それには横綱に近づく事、もしくは大関安泰が条件となるのではないでしょうか。

今場所の優勝は?

いま日本人力士の活躍もあり、相撲人気もかなり上がってきているようです。

(遠藤は下の方に落ちてしまいましたが…)

今回は稀勢の里が強い。(この人も日本人力士)

琴奨菊や横綱力士も倒し、優勝候補ではないでしょうか。

相撲は日本の国技なので、日本人、外国人関わらず、

盛り上がり続けてほしいですね。

今後、機会があれば観戦してみたいです。

sumo2

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

//更新日優先 公開日: