iPhone6用にキーボード購入。k480WH(Bluetooth)

k480
iPhone用に、
がっつり文字入力できる環境になれば便利になるなぁと思い、
Bluetoothのキーボードを買ってみました。
スポンサードリンク

ロジクール製 k480WH(Bluetooth)の特徴

さまざまな機器で利用可能

iPhoneやiPad、androidやノートPCさらにPS4も対応。

レバーで3機器の切り替え

左上のレバーで切り替えるだけで、
簡単に3種類の機器をこのキーボードに対応できます。
1はiPhone、2はandroid、3はPS4 みたいな事も可能です。

カラーは2種類

色はホワイトです。黒もあります。

大きさ・重さ

重さは結構ありますので、レビュー等では持ち運びは不便とも言われます。

他のモバイルなキーボードと比較するとそういう意見もあるようですが、PCキーボードに比べればコンパクトだし、それに持ち歩けないほどの重さ、サイズでもないかと思います。通勤で使うようなカバンであれば入ります。 …まぁ持ち歩かないと思いますが。。

とりあえず家用なら問題なしです。

開封!

k480-1k480-2
k480-3
キーボードは白と黒の2種類ありました。
アイフォンが白なので、白を選択しました。
k480-4
最初は裏の電池の保護シートを外しましょう。

設定も簡単

k480-5
キーボード内に貼られているシールのまま、
設定していきます。

iPhone6側の設定(Bluetooth)

k480iphone
キーボード側の右側の「iボタン」を3秒間長押しして
点滅させている状態で以下の操作をする。
ホームアイコンから
設定→上から3番目のBluetooth→オフになっている場合はオンにする
→検出された「Keyboad K480」 をタップする
以上。
普段つかわない時は、Bluetoothをオフにしておきましょう。(バッテリーが気になるし…)
k480iphone2
下のバーを出して、WIFIの隣のマークがBluetoothマークです。
WIFIみたいに、ここでオンオフすると便利です。

ちょっぴりノートPCな気分に

k480-6
こちら大きな特徴として、写真をみてもわかるように、
キーボード内に端末を挟む穴があります。
そこにiPhoneやタブレット端末を挟み、セット完了!
この状態で、文字入力することができます。

さいごに

ちなみに今回のブログ記事の文章は、写真の状態で
iPhone横置き、アプリのエバーノートに、
文字入力してかいてみました。
画面を戻したりするような操作はタッチする必要がありますが、
ブログやら、メールやら、長文の文字入力をする場合は、
圧倒的にキーボードの方が早い事を改めて感じました。
いや~思った以上にノートPCっぽくなりましたね♩
こうなると、マウスも欲しくなっちゃいます(笑)
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

//更新日優先 公開日:2016年3月1日