【AccessVBA】フォームのテキストボックス入力時、自動で前0(ゼロ)を任意桁数つける方法

ひさびさのAccessネタ。

今回はテキストボックスに数字を入力し、自動的に前0を付ける方法
AccessVBAを使いますが、たった1行で済む簡単なコードで対応可能です。
ちょっとタイトルも含めて文字だけでは伝えづらい部分なので、状況や方法を以下図を含めて説明します。

スポンサードリンク

やりたいこと

123というコードを入力。そしてエンターキーやtabキーを押すと・・・

このように前に6桁の社員コードを入力する時に、いちいち000と0(ゼロ)を3つ入力しなくても自動的に入力されるようにしたい!入力効率を上げるためには当然このようなシステムを求めたくなります。

やり方

「デザインビュー」で対象のテキストボックス(例はテキスト0)のプロパティで、

「イベント」タブの「更新後処理」に「イベントプロシージャ」を実行します。

VBAコードは以下のように1行追加します。

Private Sub テキスト0_AfterUpdate()
   テキスト0 = Format(テキスト0, “000000”)
End Sub

※「テキスト0」の部分はテキストボックスの名前にしてね。

今回は以上です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

//更新日優先 公開日:2017年3月21日